失われたユノを求めて

読者の皆さまへ


更新ができない間もご愛読くださり、ありがとうございます。




しばらく前のことですが、家族が病で倒れました。


ブログを更新する時間も精神的余裕もなかったのですが、私と同じような状況にあったり、ご自身が病を患っている方の気分転換になるような記事を書きたいと思いながら、細々と続けてきました。
また、私自身が生のステージを見て、明るい記事を書きたいとも思っていました。
でも、それは当分先のことになりそうです。


思うような記事が書けない現状で、中途半端にブログを続けるのは心苦しくもあり、ここで区切りをつけることにします。


このブログは、記事を整理した上で、しばらく残しておく予定です。
トンペンとしてのモチベーションが下がったとき、以前を思い出すのに役立てていただければ幸いです。


最後に、SMTに行くすべてのトンペンが楽しい時間を過ごせることを、そして会場が赤く染まることを、心から願っております。










以前、このチャンミンが流れたとき


[画像:66c56b12.jpg]




エルメスにゴールドのロレックス……!!!


驚愕しつつ、ネタとして美味しくいただいた記憶があります。


このブログの存在などすっかり忘れていた先日のこと、三代目の登坂くんの腕に、チャンミンと同じロレックス(文字盤色違い)を発見。
三代目ファンの友人に聞いてみたところ、メンバーの大半がロレックス愛好者とのこと。


やばい!
三代目のファンを敵に回したら消される!



と焦り、保身の記事を書くことにしました。









臣くんかっこいい時計だね!


[画像:47ca3607-s.jpg]







そんなワケで、チャンミンのロレックスはイケてる時計です。





私はチャンミンを誤解していました。
てっきり、「とりあえずロレックス」「どうせならゴールド」という発想でのチョイスだと思っていたのですが、イケテる時計として購入したのだと思われます。


さて、イケてる時計を身に付けたチャンミンは、いったいどの路線を目指しているのでしょうか。


それはもうこれでしょう。


マイアミが誇る
       お祭り番長!!

 
Pitbull  ロペスの魂もマイアミに。
[画像:0016230f-s.jpg]




思い起こせば2年前。
チャンミンが白いスーツでクラブに出没したと聞き、耳を疑いました。
それも、Pitbullを意識していたのであれば納得です。


クラブに白いスーツ。
盛り上がること間違いなし。


こんなかんじで

[画像:917d0530.jpg]



その日の夜はチャンミンがすべてを持っていったことでしょう。



ゴールドのロレックスでPitbull路線。


チャンミンが目指しているのは、この路線で間違いないでしょう。
ただし、もうひとつ外せない路線があります。











山 本 譲 二。

[画像:1b788a88.jpg]




こちらも、白いスーツにゴールドのロレックスが似合いそうです。



そして、満を持して発表した、チャンミンのソロ曲。


[画像:0a53b3b4-s.jpg]








山本譲二代表曲
みちのくひとり旅
オマージュではないかと思うのです。

[画像:bbd738f0.jpg]





心に染み入る唄を歌いながらも、





パフォーマンスは


熱 く !!





[画像:0f0f0996-s.jpg]







譲二をリスペクトしているとしか思えません。



ということで、イケテる時計を身につけたチャンミンの今後が楽しみです。



[画像:9f07c869-s.jpg]














トンペン界を震撼させる出来事が起こりました。

image




















かつてトンペンを混乱に陥らせた笹○が、なんと日本政界に進出していたのです。

image




















笹○の目的は一体何なのでしょうか。

image




























image
























アナリストは、日本でのJYJ法成立のために暗躍しているのではないか、との見方をしています。

image
























万が一JYJ法が成立した場合、大きな打撃を受けるのは東方神起と予想されますが、対策は講じているのでしょうか。

image

























東方神起側は、新たなファン獲得のために、地道にコツコツとサイン会を開催しているとの情報です。

image
























in 巣鴨


image

このページのトップヘ