失われたユノを求めて

読者の皆さまへ


更新ができない間もご愛読くださり、ありがとうございます。




しばらく前のことですが、家族が病で倒れました。


ブログを更新する時間も精神的余裕もなかったのですが、私と同じような状況にあったり、ご自身が病を患っている方の気分転換になるような記事を書きたいと思いながら、細々と続けてきました。
また、私自身が生のステージを見て、明るい記事を書きたいとも思っていました。
でも、それは当分先のことになりそうです。


思うような記事が書けない現状で、中途半端にブログを続けるのは心苦しくもあり、ここで区切りをつけることにします。


このブログは、記事を整理した上で、しばらく残しておく予定です。
トンペンとしてのモチベーションが下がったとき、以前を思い出すのに役立てていただければ幸いです。


最後に、SMTに行くすべてのトンペンが楽しい時間を過ごせることを、そして会場が赤く染まることを、心から願っております。










トンペン界を震撼させる出来事が起こりました。

image




















かつてトンペンを混乱に陥らせた笹○が、なんと日本政界に進出していたのです。

image




















笹○の目的は一体何なのでしょうか。

image




























image
























アナリストは、日本でのJYJ法成立のために暗躍しているのではないか、との見方をしています。

image
























万が一JYJ法が成立した場合、大きな打撃を受けるのは東方神起と予想されますが、対策は講じているのでしょうか。

image

























東方神起側は、新たなファン獲得のために、地道にコツコツとサイン会を開催しているとの情報です。

image
























in 巣鴨


image

※最近ノリが悪いのは疲労のせいで、他意はありません。



このブログは、基本的には私が好き勝手に書いていますが、極力読者さんの意見を反映するようにしています。


そこで最近困っているのが、読者さんの意見が割れていることです。
"モヤモヤさん"と"前向きさん"です。


モヤモヤさんにとって、今、『やっぱりユノは天使❤』とか『天然なところが可愛い😆』なんて記事は、この上なく寒い。


ファンミのユノなんて、このブログとしては格好のネタだったのですが、『蝋人形陰謀論』とか『ユノパイの行方』なんて書いたら、余計げんなりしてしまいます。


かといって辛気臭い記事ばかり書いていると、前向きさんのイライラはどんどん増すばかり。


そんなわけで、方向性を模索しています。
困った困った。




とりあえず今回は、新羅ファンミに参加した読者さんの話です。
世界七不思議大好物の私が、蝋人形ユノの出現に感動で身震いしたことは、ユノペン界が落ち着いた頃に書きたいと思っています。


世界情勢を含め、このタイミングでファンミに参加するユノペンは、精鋭中の精鋭。
このブログの読者さんたちからも、何人か参加されました。


見事に全員モヤモヤさんで、そのうちのお一人は、行く前に苦しい胸のうちを吐露していらっしゃいました。


除隊まであまり気にならなかったユノのプライベートが、突然気になり、失望に次ぐ失望。
金髪も刺青も気に入らない。
今までのようにユノを愛することはできない。
トン活は縮小の予定だけれど、2年間ファンミに行くのを楽しみにしていたから、もうヤケクソ!


そう旅立ち、最後まで『ユノに会うのが楽しみ』という言葉はありませんでした。



そして帰国後の報告が、『天国だった』。



"舌の根も乾かぬうちに"というケースを久々に見て、私も大いに楽しませてもらいました。


個人的に嬉しかったのが、その読者さんが、見事にコロッと変化した感情を、躊躇なく報告してくれたことです。


トンペン界は本当に面倒で、なかなか本音を晒すことができず、また、一旦所信表明してしまうと撤回することができない方が多いようです。





ドルオタには、コアであるほどヒエラルキー上位のイメージがあります。
でも、浮動票の多さこそ大衆性の証だと思うのです。


ファン歴が短くても、浮気者でも、モヤモヤしていても、アイドルから見ればみんな同じ大切な札束ファンです。


このブログの読者さんでも卒業された方や、色々と迷っている方々がいらっしゃいますが、気が向いたときに覗いてもらって、気兼ねなく戻ってきてくれればいいなと思っています。








私が卒業してなければ。


























このページのトップヘ